テングタケ属

<テングタケ亜属>

<マツカサモドキ亜属>

撮影 9月3日 千葉県

シロオニタケ

マツカサモドキ亜属 マツカサモドキ節

マツ科の常緑針葉樹やブナ科の広葉樹と共生し、それらの林縁に疎らに発生する。


食毒: 不明

発生時期: 夏〜秋

発生場所: 里山

大きさ: 中型〜大型